肱岡住建なっちゃんと苔のサムロゲッシコンチェルトhijioka.net
玄関アマロコロド暗渠からの逃走
フルゲッシ通信【令和六年 五月七日】
なっちゃん苔埜住旗佐竹はに右衛門
はに右衛門です。過ごしやすい季節になりました。我々ゲッシコンチェルトも、いよいよ新作に取り掛かる手筈になりまして、楽しみな反面、精神的重圧も幾分感じておるとことであります。やはり演奏・制作現場となりますと皆それなりに感覚を研ぎ澄ましており、迂闊に軽口も叩けずストレスが溜まります(笑)。良い(?)緊張感のなか、皆様に美しい齧っし重奏をお届けるすることができるよう、全員で力を合わせていきます。それまでは引き続き「アマロコロド」並びにザノベティムジクスとの共作「暗渠への逃走」をお楽しみください。次回フルゲッシ通信は、佐竹の番となっております。それではまた。
ゲッシコンチェルト・はに右衛門

ゲッシコンチェルトと齧っし重奏
齧っし暦9982年45.92に、なっちゃん(violin)・苔埜(pianoforte)・はに右衛門(cello)の三名ではじめられ、後に佐竹(viola)と住旗(Bass)の二名を加えた五名の室内楽バンドです。扱うジャンルは所謂クラシックに限りません。
好奇の目に晒されることを嫌う為、人目に触れるようなことはしませんが、遠めから静かに作品を聴いてもらうことについては問題なさそうです。

ゲッシコンチェルトの皆さん
写真左から、なっちゃん・苔埜・住旗・佐竹・はに右衛門

甦る古の齧っし重奏

ゲッシコンチェルトの基礎は、圧倒的歴史を誇る齧っしによる「齧っし重奏」です。併し、齧っしの歴史はあまりに永く、古の齧っし重奏なる初期の演奏がどのようなものであったのかを今知ることは困難です。
ゲッシコンチェルトの主な活動目的は、仲間内での楽しみとしてではあるものの、今や誰も見ること聴くこともできない「古の齧っし重奏」への探求なのです。

ゲッシコンチェルト 収録制作室 ゲッシコンチェルト収録室(奥)・制作室(手前)

入手可能な作品【人間向け】

ゲッシコンチェルトは、あらゆる作品の発表を活動の目的とはしていません。併し、現在は齧っしのご厚意及び諸事情により、以下の作品が公開・提供されています。

暗渠への逃走 無償ゲッシ版(人間向け)」
古代齧っし作家の木立早手之上 [こだちの はやてのかみ] による齧っし戯曲『暗渠への逃走』は、これまで何度も再演が試みられてきた齧っし界に於ける不動の神話です。併し、遺された文献等の研究範囲の膨大さや古代齧っし語の翻訳は難解であり、関われば成果を上げるどころか、往々にして頓挫すること必至という魔の題材でもあります。ゲッシコンチェルトは多くの演奏家・ソリストを擁するザノベティムジクスと共に僅か10ヶ月あまりで二曲を完成させ公開に至り、この極めて異例の出来事は齧っし界に驚きを齎しました。

アマロコロド 無償フルゲッシ版(人間向け)」アルバム

アマロコロド フルゲッシCD版
今や入手困難となった「アマロコロド フルゲッシCD版」
“齧っしによる齧っし重奏に対する疑念を一掃した貴重な一枚”

その他の補足・関連事項

お問い合わせフォーム:不具合のご報告、フアンレター等ご自由にどうぞ
なっちゃんと苔のサムロ:ゲッシコンチェルトの普段の一部を垣間見ることができます